堺市議会議員 西村昭三公式ホームページ 西村昭三通信堺市議会議員 西村昭三公式ホームページ 活動報告堺市議会議員 西村昭三公式ホームページ 後援会ご案内堺市議会議員 西村昭三公式ホームページ 市政Q&A堺市議会議員 西村昭三公式ホームページ 事務所ご案内
更新しました更新しました更新しました

2月20日

・大浜事務所にて予算書、議案調査

2月19日

・堺クルーズ船寄港 勉強会

・第25回泉州マラソン姉妹都市マラソン選手二人の歓迎会
泉州マラソン歓迎会2

2月18日

・第25回 泉州マラソン

 バークレー市招待選手 トム・ボウリングさん(消防士)
 ウエリントン市招待選手 ダン・ローリーさん(大学生)が完走。二人の選手が3泊4日で友好協会会員の自宅にホームスティ

2月17日

・自民党大阪府連合会 役員会議

・西湊ソフトボール(平成30年度活動報告)

※平成30年度当初予算案の概要

≪平成30年度予算案の規模≫

・平成30年度の一般会計の予算規模は、4,184億円と、対前年度比で33億円、0.8%の増加。
・特別会計及び企業会計を合わせた全会計の予算規模は、7,440億円
≪平成30年度一般会計歳出の状況≫
・主なもので、人件費は882億円
・扶助費は、1,264億円で、前年度から33億円、2.7%の増加
・国の保育士の待遇改善に伴う給与相当分の公定価格が増加したことや大阪府からの権限移譲により、指定難病の給付事務が始まることなどによるもの。
・普通建設事業費は、542億円
≪安心して子どもを生み育てることができるように≫
〔子育て世帯の支援〕
・『堺を愛する人づくり』のうち、『子育て世帯の支援』について
平成30年度当初予算案の概要
 予算規模
  一般会計歳入 4226.9億円 前年比75.9億円(+1.8%)
 ※多子世帯における利用者負担の軽減(第2子への拡充)について
 ◆経過
  平成28年度 第3子以降の0〜2歳児を対象に保育料無償化を実施
  平成29年度第3子以降の5歳児までに対象を拡充
  (いずれも所得制限やきょうだい年齢要件なし)
 ◆今後の取組
  国の幼児教育・保育の無償化の推進を前提として、以下のとおり多子軽減の取組を第2子に拡充する予定
  平成30年度 5歳児
  平成31年度 4−5歳児
  平成32年度 3−5歳児
  平成33年度 0−5歳児
  (私学助成幼稚園を利用する場合は、就園奨励費補助金を上限に支給(308,000円))
喫緊の課題である待機児童の解消に向けた取組として、認定こども園や小規模保育所の創設などにより、受け入れ枠を平成29年度の673人から903人への大幅に拡大する。
・企業主導型保育事業所の開設にあたり、地域の子どもを受け入れる枠を設ける場合に開設経費の一部を新たに補助する。
・保育士等の業務負担軽減に向けて保育補助者の雇用に要する経費を補助するとともに、保育士の宿舎借り上げにかかる支援の要件について、市外在住要件を、原則、市内にまで拡充する。
≪学ぶ力の向上≫
・指導用タブレットなどのICTを活用した授業は、既に全小学校に導入している。中学校はモデル事業として3校に導入しているが、新たに中学校20校に導入し、わかりやすい授業による学力向上を図ってまいる。
≪みんなが元気に暮らせるように≫
・おでかけ応援制度の利用日数、年間240日という上限を撤廃する。
≪地域の安全・安心≫
・堺東駅周辺の違法駐輪自転車を抑制し、歩行者の安全、安心、快適な移動を促進するため、立体機械式駐輪場の新設に向けた設計等を実施する。
≪企業誘致・中小企業の振興≫
『企業の競争力の強化』
・これまで確かな実績を残してきた『ものづくり投資促進条例』に基づく不均一課税に加えて、本社機能や研究開発機能の誘致に関する補助制度を拡充する。製造業者が環境エネルギー・健康医療などの成長分野へ投資『(仮称)堺市企業成長促進補助金』を創設する。
≪環境インバウンドの促進≫
・クルーズ客船の誘致に向け、平成30年10月に堺・泉北港大浜埠頭に初めてクルーズ客船『ぱしふぃっく びいなす』が寄港する予定。
≪予算案に反映した行財政改革の概要≫
・歳出削減及び歳入確保の取組により、平成30年度予算案に反映した行革効果額は49.8億円

2月16日

・大浜事務所 本会議質問事項調査

2月15日

・自民党岡山市議団 堺市視察

 『中心市街地 開発について』

2月14日

・大浜事務所 陳情

・建設業界懇談

2月13日

・神戸新聞社インタビュー(関空、伊丹、神戸空港について。神戸空港の今後について)

・NPO法人第二のふるさとふれあい会(在堺県人会)役員総会
・自民党会派に対しての予算説明会
 平成30年度当初予算案の概要
 予算規模
  一般会計歳入 4226.9億円 前年比75.9億円(+1.8%)
 ※多子世帯における利用者負担の軽減(第2子への拡充)について
 ◆経過
  平成28年度 第3子以降の0〜2歳児を対象に保育料無償化を実施
  平成29年度第3子以降の5歳児までに対象を拡充
  (いずれも所得制限やきょうだい年齢要件なし)
 ◆今後の取組
  国の幼児教育・保育の無償化の推進を前提として、以下のとおり多子軽減の取組を第2子に拡充する予定
  平成30年度 5歳児
  平成31年度 4−5歳児
  平成32年度 3−5歳児
  平成33年度 0−5歳児
  (私学助成幼稚園を利用する場合は、就園奨励費補助金を上限に支給(308,000円))
 ・水道局打合せ

2月12日

・『議会報告会』堺市全校区連合会長との懇談会(48人)

  各地域の問題点及び現状
  議員との懇談は、6つの常任委員会の実際の所属議員と参加者がテーマについて自由な意見交換を行います。
 〇劼匹發琉汰粥Π多粥閉務慙等)について
 ∧課後児童支援について
 青少年の健全育成について
 い錣りやすい広報のあり方について
 ジ共施設の適正な配置について
 行政サービスの情報化について
 福祉・健康・衛生行政について
 病院・保険・年金行政について
 こども青少年行政について
 区役所行政について
 防災・防犯・消防について
 市民協働について
 地域の商業について
 スポーツと観光について
 世界文化遺産について
 宛共交通について
 姥園・公衆トイレの整備について
 臆漆綟擦量だ鞍地域について
・自民党団会議(3月定例会、予算委員会打合せ)

ページトップへ